スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生の心理的特徴

6/30(金)に出席した本学窓口対応職員のための特別研修『大学生の心理的特徴と窓口での援助』のメモから。講師は本学カウンセリング・センター専任カウンセラーの臨床心理士。

現代社会の特徴
(1)個人化の時代・個別化の時代→「好きなときに、1人で自由に好きなことを」(ex. 携帯電話、iPod)
(2)「自分は自分、他人は他人として振舞え」→干渉するな…?

現代は、欲しいものを欲しいときに(したいことをしたいときに)1人で自由に手に入れる(する)ことを許容している時代である。自分がそうであると同時に他人もそうだから、他人に干渉しない。
例えば、不登校の子に対して親がどうしたいかを子供に任せているケース。親が決めてあげれば楽になれるのに、干渉しないがために苦しめてしまっている

大学生の心理的特徴
(1)「孤立」しているということ
(2)傷つくことを恐れる傾向…安心感の乏しさ

ニート(NEET)に関する1つの解釈→怠け者ではなく、むしろ働くことを希求し、考えすぎてしまうがために社会に出る一歩手前で踏みとどまっている状態。→働かない子供を親が養っていける経済状態などにより、親が子の背中を押してやることが無くなったことなども原因。
「皆さんが就職する際に考えすぎることがありましたか?」
=私の場合、Kayaksの後輩たちの面倒をみたいというだけで本学職員になった。仕事の内容や将来のことなどほとんど考えなかった。(←これはこれで問題か????)

個人化の時代に育った大学生は個人の自由にして良いと思っているので、自由を奪われそうになると攻撃的・批判的になる。
=Kayaksを途中で辞めていく部員たちが最後にクラブや私に対して批判的な発言をするケースが増えてきた。(以前はそういうことは無かった)

「1人になる能力」
Winnicott, D.W.(精神分析医・小児科医)
「信頼できるおとな(セラピスト)が遊びの世界を保障すると、子供は最初不安ととまどいを覚えるかもしれないが、そのうちに子供は自分自身を突然発見し、私は存在する、生きていると実感し、そこから子供による創造的な広がりが起こってくるようになる」
→逆に言うと、信頼できる大人がいないと子供は安心できない。他者とつながる経験が重要。

窓口での「援助」
「人とのつながりを経験できる場」であろうとする意識→「(窓口)対応」から「援助」へ

教職員全体での「援助」へ向けて
こちらから手をつなごうとする・つながろうとする
信頼される大人であろうとする
↑これらを意識することが必要

教職員自身が傷つくような環境に身を置かないことも大切→安定した職場環境・縦にも横にもネットワークで支えあう

世の中をつくるにはさまざまな人が必要。
It takes all sorts to make the world.


私立大学職員としてだけでなく、大学体育会に属するアメリカンフットボール部の監督として、部員たちと接する上でも興味深い講演だった。

スポンサーサイト

虹!

1日中強い雨が降っていたけれど、今、きれいな虹がはっきりとした半円形で、しかも二重になって空に現れた。
雨でも、良いことがあるだろ?って、神さまがウィンクしてそうだ。

虹(新聞記事)

昨日の夕方見られた虹の写真を新聞記事より。

某ブログ風で…。

7月になったので、と言う訳でもないが、テンプレートを変えてみました。
これまでのもシンプルで気に入っているんだけど、文字が小さめ固定で多少見づらいかな、と。今回のは文字も大きめで、読みやすさを重視してみました。雰囲気はGoogleブログ風で…。
お気に入りの『かえるくんとがまくん』の背景画像はモチロン引き続き使ってます!

ゴーストタウン?

このブログを読んでいただいている皆さんの多くは、Kayaks公式ウェブサイトのリンクメニューからここを訪問してくださっているのだろうが、実は最近、その公式サイトが全く更新されていない。
今年の2~4月頃の一時期、私がサイトを仮に管理していたのだが、その後現役部員たちに引き継いだにも関わらず、ほとんど手付かずで、まるで『ゴーストタウン』のような感じ?! サイトだけ見たら、全く活動していないサークルのようだ。
部員たちもブログで日記を書いているのだが、それも1ヶ月以上更新されておらず、何だか私が申し訳ない気持ちになってしまう。
別件で主将と連絡を取った際に「更新しないならウェブサイトもメールアカウントも削除した方が良い」と言ってしまった。
自分もこのブログを毎日欠かさず更新してるワケでは無いが、公開しっ放しのサイトは逆に悪い印象を与えると思う。カッコいいデザインでなくとも、上手い文章でなくとも、自分たちのアメリカンフットボールに対する熱い想いを、Kayaksに対する強い想いを、広く世界に発信して欲しい。
一所懸命になるのがグラウンドの上だけでは、足りないんだよ?

平和だからこそ

早朝から北朝鮮がミサイルを発射したというニュースがメディアを賑わしている。
私は、こういった問題に言及できる知識も経験も無いが、少なくとも平和を脅かす力に対して「No!」と言える勇気は持っていたい。
2~3日前のTVで、サッカーのワールドカップやオリンピックも戦争のために休止されたことがあると言っていた。
逆に、ワールドカップが引き金となって起こった戦争もある。
アメリカンフットボールもサッカーも戦略や戦術を重視したスポーツで、ある意味、戦争に近いものかもしれない。
しかし、例えばフットボールの試合では、スタジアムの外でBBQを楽しむ家族がいたり、チアリーダーや吹奏楽、友人たちの応援、ボウルゲームになればメインストリートは華やかに飾りつけられ、パレードに多くの人々が集まる。
平和だからこそ、楽しむことができる。
平和だからこそ、夢中になれる。

小さい頃、近所に朝鮮人の友達がいた。もう、記憶もあやふやで、韓国の方なのか北朝鮮の方なのか全くわからないが、確かにチマチョゴリを着ていたを覚えている。決して彼らが悪いのではない。そこのところだけは、決して間違えないようにしよう。

選手の資質(1)

偉大なフットボール選手になるための資質
『勝ちたいと燃えるような欲望を持っていること』
(NFL/NFF "COACH'S PLAYBOOK" p.305)

誰でも勝ちたいと思っているだろうが、燃えるような欲望を持っている選手は意外に多くない。
選手自身の体の内側から溢れ出る勝利への強い欲望は、彼自身のプレーを単に成功させるだけでなく、仲間を鼓舞する声を出させ、窮地に於いては勇気と希望を、チャンスに於いては大胆さと冷静さをチームにもたらしてくれる。
かつて、私が現役の頃、「内に秘めたる闘志はいらない」とコーチに言われたことがある。
すなわちチームスポーツであるアメリカンフットボールにおいては、自分だけが心の中で静かに闘志を燃やすだけでは十分ではなく、勝利への強い燃えるような欲望を持ち、仲間同士で士気を高め合い、チームに貢献することこそが重要なのである…ということだろう。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。