スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏ん張りどころ

今日は午後から土樋キャンパスで会議があったので、終わってから3年生を集めてミーティングを行った。
5月中は練習よりも部員勧誘を優先してきたが、その結果を報告してもらったり、連絡事項を確認したりした。
4月の入学式から約2ヶ月、前回のミーティングから3週間が経過したが、目標とした新入部員の人数にはまだまだ足りない。現役部員たちは、彼等なりには一所懸命にやってきたつもりだろうが、そんなのは何の役にも立たない。そのことには気付いたようだ。
いつも言っていることだが、できるできないではなく、やるかやらないか、だ。
この1年は、4年生がいないという点でKayaksにとって不安な年であり、若いチームという点で楽しみな年である。今は思った以上に勧誘に苦戦し、不安な面ばかりが目立つかもしれない。
しかし、今が踏ん張りどころだ。
今こそみんなで力を合わせて頑張っていこう。

明日は学生選抜チームの練習日だ。仕事の都合で少ししか参加できないが、精一杯頑張ろう。

スポンサーサイト

GB合同練習 1

仙台グリーンボウルを2週間後に控え、今日は東北学生選抜チーム最初の合同練習だった。
仕事を昼過ぎに終えてすぐに練習会場の仙台大学に向かったが、残念ながら短い時間しか見ることができず、他のスタッフや選手たちに迷惑をかけてしまった。
Kayaksからは2名の選手が参加しており、多人数の練習に少し戸惑っているようにも見えたが、チームには打ち解けてにいるみたいで安心した。何しろ普段は10名程度で練習している訳だから、40余名での練習は何もかも違って当然。声も良く出ていて、明るい雰囲気で良い練習だった。
しかし選抜チームの状態は決して良くは無い。思っていた以上に各チームのファンダメンタルが違っていて、僅か2回の合同練習でどこまでコーチとして指導すべきか迷ってしまったぐらいだ。
合同練習はあと1回。せっかく与えられた機会を活かし、選抜チームに貢献できるよう選手たちと共に精一杯頑張ろう。

久しぶりの練習

今日は本当に久しぶりに練習に行くことができた。
6時過ぎに仕事を切り上げて泉キャンパスへ移動したので、練習の始めから見ることはできなかったが、それでも十分に選手たちの様子を見ることができた。
みんな声も良く出ていたし、一所懸命に取り組んでいた。基本的なヒットを中心に構成した練習メニューだが、1年生も含めて、良い形をシッカリ意識して当たろうとしているのが良くわかった。
もちろん今日の練習で満足した訳ではない。もっともっと声を出して元気良く練習して欲しいし、もっともっと強く激しくプレーして欲しい。しかし、今の段階では十分頑張っていると評価することができよう。
3年生の中には、私たちコーチの言葉に的確に対応できる選手もいて、数回自分の順番が回ってくる間に上達する選手も少なくない。
1年生のポテンシャルの高さは以前から感じていたが、ヒットに関しても特に恐れることもなく、なかなか力強く当たっていた。
早く試合をできる状態に育てあげたいものだ。

パキラ、復活?

パキラ昨年の秋に室内に取り込むのが遅れ、高さ1メートル近くに成長していたパキラを枯らしてしまった。

でも、かなり大胆に切り戻しても芽を出すパキラのこと、きっと復活してくれるハズ!と信じて、5月の初旬に思いっきり切り戻した。(上の写真)
芽?
あれから1ヶ月。
何となく緑色をした「点々」を発見した!(見づらいけど…)

パキラ、復活?

学名 Pachira glabra
科名 パンヤ科
属名 パキラ属

残念ながら辞退

監督推薦で東北学生選抜に選出された選手から電話があり、怪我のためグリーンボウルを辞退したいと言ってきた。
確かに、一昨日の練習でも負傷のため完全な動きではなかったのだが、試合には影響無い程度だと思っていた。しかし、今日の精密検査の結果、本人は辞退を決めたようだ。
負傷した選手を無理に試合に出場させる訳にはいかない。残念だが、辞退させるしかあるまい。

今回の選抜チームにはKayaksから2名の選手が選ばれているが、実は他にも候補がいた。しかし、練習やOB戦への参加状態が良くなかったので、監督として私が断らせていただいていた。能力的には東北選抜として全く問題無かったが、グリーンボウル当日に休まれてはたまらない。
コーチは、信頼できる選手を中心にゲームプランを組む。今後彼がこれまで以上に努力して私たちの信頼を回復しなければ、こうしたチャンスを手に入れることは難しいだろう。それと同様に、今回負傷して辞退することになった選手も信頼回復に努めなければならない。
練習中にしろ試合中にしろ、負傷した選手はチームに対して自分の責任を果たすことができず、信頼されない。
こうしたことを現役選手たちには、頭ではなく、魂で理解して欲しい。

GB合同練習 2

今日は2回目にして最後の合同練習。グリーンボウルもいよいよ来週と迫ってきた。
午前中に用事を済ませ、午後1時からの全体練習前に会場である仙台大学に到着。先週は仕事のためほとんど練習を見ることができなかったが、今日はじっくりと見ることができた。
さすがに選抜チームだけあってモチベーションが高く、声も良く出ていて元気な練習だった。所属チームも学年も違うから多少の能力差はあるようだが、それも極僅か。みんな良い選手たちだ。
今日はできるだけ多くのプレーを試してみたが、なかなか良い出来で、来週の試合がますます楽しみになってきた。とは言え、東北社会人選抜は手強い相手だ。学生らしく一所懸命にプレーして、頑張って欲しい。

新歓コンパ

スケジュール調整がつかず延び延びになっていた新入生歓迎コンパを今日実施した。
案内が直前になり、OB/OGの皆さんには大変失礼なことをしてしまった。監督としての指導が行き届かず、本当に申し訳ない。

5人の新入部員をKayaksは迎えることができた。
皆、優秀な選手になりうるポテンシャルを持っている。それぞれ希望のポジションをしっかりと持っており、ゴールを自ら設定して突き進もうという意欲に溢れている。本当に素晴らしい選手たちだ。
彼等と共にフットボールを楽しむ部員を確保して、何としても試合をさせてあげたい。心から強くそう思う。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。