スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと暖かな日が続いていたのに、入試に限って天候が乱れる。
朝は小雨だったが、次第にみぞれになり雪になった。湿った雪がキャンパスの枯れ木に着雪し、景色はきれいになったが何しろ今日明日は入試である。
午後6時過ぎで車に積もった雪は約10センチ。雪の少ない多賀城では大雪だ。しかも夜中まで降り続くらしい。
明日の朝、交通機関が乱れなければ良いのだが。
スポンサーサイト

晴れて良かった

昨日の大雪が嘘のように今日は青空が広がり、良く晴れた。朝こそ圧雪状態で路面は滑り易かったが、交通機関の大きな乱れも無く、午前中には道路に雪はほとんど無くなってしまった。
無事に入試2日目を終え、私が働く多賀城キャンパスでは前期日程を終了した。仙台市中心部にある別のキャンパスでは入試期間があと2日あるが、寒波が来るという予報もあって油断できない。受験生たちが安心して受験できるよう、穏やかな天候になることを祈ろう。

ディフェンバキア

カミーラディフェンバキア・カミーラも2001年春頃に購入した。
観葉植物を育てるのが楽しくなりかけた頃で、ドラセナ・マッサンと同じく、いろいろな種類の観葉植物を育ててみようと考えるきっかけになってくれた。
株分けをして友人にあげたりしたが、大きくなり過ぎて、昨年の夏に3センチほどの太さに生長した茎を切り刻んで挿し木をした。写真はそのうちの1つである。

学名 Dieffenbachia spp.(Dieffenbachia 'Camille')
科名 サトイモ科
属名 ディフェンバキア属

寒さに弱いと言われるが、それほど神経質にならなくても良いようだ。ただし直射日光に当ててはいけない。ディフェンバキアの魅力である葉の白い斑がすぐに日焼けしてしまう。また、水切れにも弱いが、基本の水遣りをしていれば良いので、それほど気にすることもない。
生長が比較的早く、子株もよく発生するので、育てていて楽しい。

コメントのツリー化

昨日からコメントのツリー化を試みて、ようやく一段落。
FC2のサポート掲示板である程度調べ、実際にはアリさんの「初心者歓迎!ブログdeアフェリエイト」のコメント、トラックバックをツリー化する方法と、takkyunさんの「JUGEMカスタマイズ講座」のツリー化カスタマイズ応用編、そしてめけ。さんの「ボムガール」からツリー画像を頂戴してツリー化終了。
アリさん、takkyunさん、めけ。さんに感謝!

テーブルヤシ

テーブルヤシパソコンの左側に置いているテーブルヤシは2004年3月に購入した。その名のとおりテーブルの上に置くような大きさでバランスが良く、優しい草姿が魅力だ。
直射日光に弱く、室内の明るさで十分育って寒さにも強い。葉水を好むようだが、パソコンのそばに置いているため滅多にできない。それでも元気に生長している。

学名 Chamaedorea elegans
科名 ヤシ科
属名 カマエドレア属(テーブルヤシ属)

おまけ↓

続きを読む

入部のきっかけ

今日2月5日は第40回スーパーボウルのゲームデー。と言っても時差があるので、日本時間では明日の朝に試合が始まる。フットボールシーズンを締めくくる最後で最高の試合…スーパーボウル。

私が大学でアメリカンフットボールを始めるきっかけの1つもスーパーボウルだった。
ラグビー部を引退したばかりの高三の冬、やり慣れない受験勉強に飽きて、スーパーボウルをTVで観た。気分転換にでもなればという程度しか興味は無かったし、どことどこの試合だったか今は思い出せないが(レッドスキンズのThe Hogsの頃?)フィールドゴールを蹴る時にラインメンが足を左右に大きく開いていたのが妙に印象的だった。
そんな程度のTV観戦だったが4月になっても頭から離れず、新入生獲得に各サークルが大騒ぎしている中、自らKayaksの勧誘ブースに入部を申し出た。
(もう1つの入部のきっかけは別の機会に)

あれから20年以上が過ぎた。これほど長い間アメリカンフットボールに関わることになろうとは、あの頃は思いもしなかったが。

40回目のスーパーボウルには、Kayaksと同じ1975年創設のシーホークスが初出場する。素晴らしいゲームを期待しよう。

Super Bowl XL

録画していた第40回スーパーボウルを見終えた。感想を2つ。

両チームともミスが多かった。勝ったスティーラーズは序盤に、シーホークスは中盤に。試合も終盤になってようやく引き締まった内容になったが、良い意味で緊迫したゲームを期待していただけに少しがっかり…。

もう1つは、両チームともオフェンスはIやスプリットバック、ディフェンスは3-4や4-3と、派手さは無いが基本的なプレーを展開してボールを進める、あるいは前進を阻止するといったことをしていて、そのことには心地良さのようなものを感じた。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。