スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラセナ・マッサン

ドラセナ・マッサン2001年の春頃に購入した、このドラセナ・マッサンゲアーナ(Dracaena fragrans 'Massangeana')を枯らさずに生長させることができてから、観葉植物が趣味のようになっている。
と言っても、実はこのドラセナは4本目で、3本目まではすぐに枯らしてしまった。全くの素人である。別名「幸福の木」を枯らしてしまうというのはあまり良い気分ではなく、4本目でようやく枯らさずに育てることができてほっとしている。
購入当初は葉の数4~5枚で、高さ10cm程度の小さな鉢だったが、今は1メートル以上の高さ(鉢を含む)にまで生長した。
2003年7月には花が咲いた
ドラセナの花は、よく言われるように決して華やかでも綺麗でも無かったが、可憐で甘い芳香が印象的な花だった。

マッサン枯らしてしまったと思って放っておいた3本目のドラセナから新芽が出た。
細い枝から十分に根が出た頃に幹から切り離し、小さな鉢に植え替えた。
ゆっくりではあるが葉も増えてきて、数年経った今では、こんなに元気に生長している。

学名 Dracaena fragrans 'Massangeana'
和名 シマセンネンボク
通称名 マッサン、幸福の木
科名 リュウケツジュ科
属名 ドラセナ(ドラカエナ)属

カラテア・ランキフォリア

カラテア(夜)カラテア・ランキフォリア(別名=インシグニス)は葉の濃緑色の矢羽模様がたいへん美しく、また葉裏の暗赤紫色もとても鮮やかだ。

学名 Calathea lancifolia (=C.insignis)
科名 クズウコン科
属名 カラテア属

2005年6月25日、上の写真のように、葉がピンと直立した状態でお店に並んでいたものを購入した。しかし翌日、仙台大学とのスクリメージを終えて帰宅すると、下の写真のように葉がだらりと広がっている。

カラテア(朝)「一日でこんなに元気が無くなるなんて!」と焦ったが、その日の夜、再び葉が直立し始めた。

これはカラテアの「睡眠運動」と言うらしい。
夜になると葉が直立し、昼には広がる。日によって開き方が異なり、季節によっても違うので、気温や日照の影響によるのだろう。
上の直立した状態は2006年1月21日21時39分に撮影、下の状態は翌朝9時39分に撮影したものである。

デスクまわり

デスクまわり職場のデスクまわりはこんな感じ。小鉢の観葉植物でパソコンを囲んでいる。湿気とか、パソコンには良くないかもしれないが、植物にとってはパソコンが発する熱で、結構良い環境になっているのかも。

(左から、テーブルヤシ、ドラセナ・マッサン、ドラセナ・ゴッドセフィアーナ、シュガーバイン)

クワズイモ

クワズイモクワズイモは2005年2月20日に購入した。寒い季節で葉は一枚も無く、店の片隅にほとんど鉢だけのような値段で売られていた。

学名 Alocasia odora
和名 クワズイモ
科名 サトイモ科
属名 アロカシア属(クワズイモ属)

春になって土を入れ替え、明るい窓辺に置いていたら次々と葉を出し、ここまで生長してくれた。
土中に埋まっている部分が少なすぎたのか根の張りが弱いのか、多少ぐらつくことがある。春になったら、少し深めに植え替えてあげよう。

ドラセナ・ゴッド

ドラセナ・ゴッドデスクまわり、パソコンのそばに置いているドラセナ・ゴッドセフィアーナ。2003年9月11日に購入した時は細い茎が2本だけだったが、2004年の夏に新しい芽が伸び、今では4本に増えている。
2004年の秋ごろだったか、花が咲いた。同じドラセナ属のマッサンゲアーナの花にたいへん良く似た小さな花だった。
ゴッドセフィアーナは旧名らしく、今はスルクローサというらしい。緑の葉に黄白色の星斑が不規則に入ってたいへん美しいフロリダ・ビューティという品種だ。切花などの装飾にもよく使われており、花が枯れたあとに赤玉土に挿すと、暖かな季節なら容易に発根する。

学名 Dracaena surculosa (=D.godseffiana)
和名 ホシセンネンボク
通称名 ゴッド
科名 リュウケツジュ科
属名 ドラセナ(ドラカエナ)属

Kayaksの練習は…

2005年シーズン最終戦Kayaksの練習は大学の後期試験のために2月中旬までオフ。しかも仕事は後期試験に入学試験、さらに来年度の準備と忙しく、なかなかブログも書けなくなっていた。趣味のようになっている観葉植物を紹介しようと思ってからは投稿数が一気に増えてきた。このブログのメインテーマであるコーチ雑感とは全く関係無いが…。
4年生の追い出しコンパの日程が決まった。私が本格的に監督業に復帰した時の1年生である。いろいろなことがあった4年間だった。強いKayaksの復活はならなかったが、彼らがいなかったら、Kayaksが今も存在していたかどうかわからない。もちろん、その上の代もその上も、同じことが言えるのだが。
(写真は2005年11月6日最終戦のメンバー)

シュガーヴァイン

シュガーヴァイン今日もデスクまわりに置いてある中からパーセノシッサス・シュガーヴァイン。
2005年6月17日にKayaksの同期の家に遊びに行った際に貰ったもの。1~2度切り戻したのだが、もう草姿が乱れるほど伸びている。春になったら切り戻し、挿し木しようと思っている。

学名 Parthenocissus 'Sugarvine'
科名 ブドウ科
属名 パルテノキッスス(パーセノシッサス)属

新しく人気が出た品種らしく、最近はどこでも売られているようだ。アジア、北アメリカに自生するツタ属の植物を交配して作り出された園芸植物と言われている。寒さにも水切れにも強いようで、生長も早く育てやすい。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。