スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期戦日程に関して

本学の学生部長と体育会々長が連名で、各部の監督宛てに次のような文書を送ったようで、私のところにも今日届いた。

平成23年5月12日
大学体育会
監督 殿
東北学院大学       
学生部長   辻  秀人
体育会会長 原田 善教

青山学院大学・北海学園大学との定期戦日程に関して(お願い)

 この度の震災により被害を受けられました皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。学生部および体育会としましてはこの震災に負けず、益々力を入れて参りますので、御協力くださいますようお願いいたします。
 さて、青山学院大学と北海学園大学との定期戦日程について、両校との定期戦規約によりそれぞれ開催時期が定められています。(規約上、対青山学院を6月上旬、対北海学園を6月下旬に開催。ただし平成23年度は震災のため対青山学院を9月上旬に延期する予定。対北海学園は予定通り6月24日(金)~26日(日)に開催。)また、各種目は閉会式までに公式種目の3/4(75%)以上を消化することとなっています。
 しかし昨年度の実施状況は、青山学院大学とは全24種目中14種目の実施(実施率58.3%)、北海学園大学とは全19種目中6種目の実施(実施率31.6%)であり、明らかに規約の数値と乖離しています。
 理由としては東北地区での各種予選会が5月・6月に集中していることや、東北地区大学総合体育大会を6月に開催する種目が多いことから開催日程の調整が難しくなっているためと推察します。しかし、定期戦の意義(各部がそれぞれ試合とその結果を通して親睦を図る)を考えれば、これまでのように閉会式以後に試合を行うことは多くの問題が残ります。特に北海学園大学との定期戦は期間外(閉会式後)が多く、期間中・期間外の結果を合計すると、総合成績で北海学園大学が勝利となってしまうこともあります。
 つきましては平成23年度より下記のとおり変更したいと考えておりますので、可能な限り期間前、期間中に試合が実施できるよう早めの計画をお願いします。

●定期戦の開催について(平成23年度より)
 ①期間外の試合の実施は『期間前』のみとすること。
 ②閉会式を以って当該年度の勝敗を決すること。
 ③定期戦期間後の試合を希望する場合、両校各部の責任での実施を認めるが、必要経費については本学の後援会援助の対象とはならない。


これによると、Kayaksが計画している「6月5日(日)開催」は期間前なので、全く問題ないと思われるのだが…。

それより何より、「定期戦の意義」云々を言うのであれば、期間前も期間後も関係なく、各部の都合を調整して出来る限り実施を促すという方が筋が通ってるのではないだろうか? 期間後は金銭的援助をしませんというのでは、どうしても期間後にしか実施できない競技種目は、「それじゃぁ、今年は実施しないということで…」となってしまうのではないだろうか?

それともうひとつ。震災前に予定していた青山学院大学との定期戦期間は6月4日(土)~6日(月)だが、これを延期するという監督宛ての通知が、約3週間前の昨日というのはいかがなものか。しかも、それで「早めの計画をお願いします」とは。

身内の恥をさらしたようになってしまったが、皆さん、どう思われますか?!

関連記事
黄色信号?! 2011年5月11日(水)
黄色信号?! 続報 2011年5月12日(木)
スポンサーサイト

黄色信号?! 続報

青山学院大学との定期戦に関する続報。
昨夜、青山学院大学ライトニングの監督と電話で情報交換し、青学側は6月5日(日)開催を正式に許可したことが分かった。
あとは、本学側の了解を正式に得るのみ。
(昨日午後に青学から「6月不可」と言われたら、本学も不可と。担当者レベルでは事前に何度も確認して了解をもらっていたのだが…)

定期戦期間と全く関係ない日に行おうというのではなく、震災前に予定していた元々の定期戦期間中にそのまま実施したいというだけなのに、何でこんなにギクシャクするんだろう。未だ6月開催を延期すると本学は正式に発表もしていないのに、他の部で6月開催の準備を進めているところは無いのだろうか。延期した期間内に実施しないことが、そんなに悪いことなんだろうか。

ライトニング関係者の皆さんはじめ、ユアテックスタジアム仙台を使用するにあたって尽力いただいた先輩方、東北学連関係者の皆さん、ご心配かけて申し訳ありません。6月5日(日)開催に向けて、粘り強く話し合いを進めていきます。

関連記事 黄色信号?! 2011年5月11日(水)

黄色信号?!

今年前半の全てを注ぎ込むべき目標としてきた、久しぶりの青山学院大学との定期戦開催に黄色信号が点灯した。

今日の午後、青山学院大学の学生課の定期戦担当者から電話があり、6月の試合開催は認められないとのこと。

元々、6月5日(日)は両大学が定めた定期戦期間だったのだが、震災の影響でそれを9月上旬に延期したらしい(正式にはまだ聞いていない)。さらに、両大学が定めた期間内でなければ定期戦を認めないという方針に変更したらしく、元々の定期戦期間内である6月5日も認めない方針だという(本学担当者レベルでは6月5日開催で既に了解をもらっているのだが)。

事情があって長く休止してきた青山学院大学との定期戦。昨年6月に青山学院大学を訪れた際に直接青山学院大学の監督さんに会ってお願いし、その後も何とか定期戦再開に向けてKayaksのOB/OG会副会長が上京するなどして、ようやく青山学院大学が仙台に来て定期戦を再開できるところまでこぎつけたのに、まさかこんな展開になるとは!

夕方、再度青山学院大学学生課の担当者から電話があり、やむを得ない理由があるなら6月開催も致し方なし、といったニュアンスに変わり、黄色信号から赤信号に変わることはなさそうだが、両大学の学生課から正式にOKが出るまでは安心できなくなってしまった。私自身が学生課に勤務していながら、係が違うとは言え、定期戦がどういう状況になっているのか全く把握できず、何とも情けない。不甲斐ない。

まだ蕾も無く

当初の予定より約1ヶ月遅れで、本学は今日から平成23年度の授業を開始した。学生たちがキャンパスに戻り、また一歩、震災からの復旧が進んだ気がする。

写真は、例年この時期には満開に花を咲かせるハンカチの木。今年は平均気温が低かったせいか、あるいは地震の影響か、まだ蕾も無く葉も小さい。背景は、被災箇所を修復するための足場が組まれているラーハウザー記念東北学院礼拝堂。

関連記事
ハンカチ、満開 2010年5月10日(月)
ハンカチの木 2009年5月8日(金)
ハンカチも終わり? 2007年5月14日(月)
記念植樹 2006年11月18日(土)
ハンカチの木 2006年5月17日(水)

山の神まんじゅう

創業明治33年、(株)村上屋の小牛田銘菓「山の神まんじゅう」。

KayaksのOBで初代(たぶん?!)ウェイト隊長だったKが職場を訪れてくれて、お土産にといただいた。Kは震災前に転職を決めていたのだが、震災の影響で内定取り消しとなり、このほど新たに就職が決まって県外へ出ることになり、その挨拶に来てくれた。

Kは、世代的には不遇の世代で、おそらく現役4年間の公式戦で1勝もしていない世代なのだが、Kayaksにとっては、部員数の著しい減少という厳しい時代に耐えてその歴史を後輩たちに繋いだ、最も賞賛されるべき世代だと言える。個人的にも、Kは私にとって最も印象深い選手のひとりで、彼が時折くれる励ましのメールは私をいつも奮い立たせてくれる。決してアスリートとしてのポテンシャルは高くはなかったが、体を動かすのは魂であるという事実を気付かせてくれる貴重な存在の選手だった。

さて、山の神まんじゅう。
たっぷりのあんこはほど良い甘さで、それを包む白い薄皮はもっちりとした独特の感触と食感でとても美味い。一気に5~6個はイケそうだが、2個でガマンしておいた!?

Kへ
ちょっと遠くへ行ってしまうようだが、Kayaksの誇り高きラインメンのOBとして、持ち前の根性で頑張ってくれ! 応援してるぞ!


Kの主な関連記事
記録会(筋肥大期、初日) 2006年12月2日(土)
年寄りの冷や水…2 2006年12月4日(月)
今日もクタクタ~ 2006年12月11日(月)
今年最後は、体重測定?! 2006年12月18日(月)
初トレーニング 2007年1月22日(月)
18時閉館 2007年1月29日(月)
番外編
フットボールから教わった 2005年9月19日(月)

お詫び

TGボウルに来場いただいた1年生の皆さまへ
本日開催を予定していたTGボウルは、当部の不手際により急遽中止となりました。協力団体(応援団、チアリーディングチーム、放送会、合気道部、少林寺拳法部、ラクロス部)の活動内容の紹介を楽しみにしていた方も多くおられたことでしょう。本当に申し訳ありません。当部の現役幹部と相談し、今後の活動について再度検討することといたしましたので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


TGボウル協力団体関係者 各位
(応援団、チアリーディングチーム、放送会、合気道部、少林寺拳法部、ラクロス部)

本日は当部と大学側とのやりとりで不手際があり、大変なご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありませんでした。現役幹部と相談し、今後の活動について再度検討することといたしましたので、より一層、協力体制を強化していければと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

もりか

3月11日(金)の東北地方太平洋沖地震以降、私が住む地域ではライフライン(電気・ガス・水道)が一時完全に遮断され、電気と水道は比較的早い段階で復旧したが、ガスの開栓には1ヶ月以上の時間がかかった。

その間、食事の支度はホットプレートやカセットガスコンロが活躍してくれたのだが、いずれも火力が弱く、不便であることに変わりはなかった。そんな中、Kayaksの同期が連絡をくれて、プロパンガスのボンベとコンロを貸してくれた。カセットガスとは火力が断然違い、ガスが復旧するまでの間、本当に大活躍してくれた。

先日ようやくガスが復旧したので、今日は中新田までプロパンガスを返しに行ってきた。ありがとね、モリ!

写真は、我が同期に懐かしい「LIQUOR SHOP もりか」。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。